• ホーム
  • てんかん発作の種類、焦点発作とミオクロニー

てんかん発作の種類、焦点発作とミオクロニー

2019年11月01日

てんかんとは、脳内の電気的な神経活動の障害が原因で様々な症状が起こる病気です。
本来であれば規則正しいリズムで調和を保ちながら活動している大脳の神経細胞が、なんらかの原因でリズムを乱し、脳内で激しい電気的興奮生じることで起こります。
てんかんの発作は、過剰な電気的興奮が脳のどこで起こったか、どのように興奮が広がっていったかによって焦点発作と全般発作に分けられます。
焦点発作とは、意識がはっきりしている、あるいは意識障害があっても軽微なものである場合を言います。
部分発作とも呼ばれます。
焦点発作では、大脳の電気的興奮が起こる部位に応じて症状が現れます。
大まかに分けると、手足や顔が突っ張る、ガクガクとけいれんするなどの運動機能の障害、小さな虫が飛び回っているように見えるなどの視覚や聴覚の異常、頭痛や吐き気が起こる自律神経の異常などです。
脳の両側にまたがる広い範囲で過剰な興奮が起こる発作を全般発作と呼びます。
ほとんどの場合は意識消失を伴います。
意識がなくなるといっても全身の筋肉の緊張が低下あるいは消失して崩れるように倒れてしまったり、突然意識を失って手足を伸ばした状態で全身が硬直するなど、症状は様々です。
てんかんにはこの他にも、ミオクロニー発作と呼ばれるものもあります。
ミオクロニー発作では、全身あるいは手足など、一部分の筋肉が一瞬ピクッと収縮する症状が起こります。
手足と体幹にほぼ対称性が見られ、手が一瞬持ち上がったり、体全体が後屈したりします。
瞬間的な症状であるため気付かないことも多いですが、症状が強ければ転倒したり持っているものを落としたりといったことも起こります。
てんかんに起因するミオクロニー発作か否かは、他の場合と同様脳波検査によって見分けられます。

関連記事
痙攣発作が特徴の病気とは~早急な対応が必要

痙攣とは、全身や体の一部の骨格筋が、本人の意思が及ばぬところで収縮する症状です。この痙攣が発作としてあらわれることが特徴の病気には、様々なものが挙げられます。しかしどの病気の場合も、痙攣が長く続いた場合などは呼吸困難を引き起こす可能性もあるため、早急に医療機関にかかることが求められます。発作として痙

2019年08月23日
小児てんかんは刺激での発作があるので早起きの習慣を

小児てんかん発作が起こる時に、8割は偶発的ですが、2割は誘発されて起こってしまうと言われています。そのため、何だかの刺激や出来事によって発作が起きる場合には、その刺激や出来事が発作を誘発しているので、誘発因子という呼び方をしています。また、発作が起こりやすくなる状況を作ってしまうのが、助長因子という

2019年10月07日
側頭葉の神経による発作の特長

発作にもいろいろ種類がありますが、脳による発作としては突然意識を失ってしまう、けいれんを起こしてしまうという症状がよく見られます。その症状のひとつにてんかんがあります。これは大脳の疾患であり、脳の神経になんらかの異常な電気的刺激を受けてしまうことでそれが制御できなくなり発作を起こしてしまうのです。こ

2019年09月12日
てんかん発作の重積状態、その時の脳波は?

てんかんはけいれん発作を起こす病気です。けいれんを自宅で起こした場合は、それを発見した人は驚いて救急車を要請することも少なくありません。しかしそのけいれんは、多くは2分以内に治まるといわれます。まれに重積発作といって、長い時間、しかも重度も発作が起こることもあり、その場合は病院に到着後もけいれんが続

2019年07月25日
てんかん症状は悪化する前に治療すべし

突然意識を失って倒れ、口から泡を吹いたりする症状を起こすのがてんかんの発作の特徴です。そのほかにも倒れて全身を痙攣させたり、体の一部分や体全体が一瞬びくっと動いたり、急に体の力が抜けてばたんと倒れたりするなどの症状が出ることがあります。てんかんと言う病気は、こうしたてんかん発作を繰り返し起こすのです

2019年07月08日
脳障害による発作は危険シグナル

脳内の神経細胞が異常な電気信号を発生することによって起こる症状にてんかんがあります。てんかんは発作となって現れその症状には様々な形態がありますが、多くは、時間の経過とともに収まることがほとんどであり、場合によっては抗てんかん剤を服用することによって対処をすることができます。てんかんの原因としては、遺

2019年06月27日