患者を診ている医者たち
患者と説明している医者

発作とは、何らかの原因で身体や精神に突発的に異常が生じる状態のことです。
自分や周りの人が発作を起こした時の対処とは、そうした事が身のまわりで起きた場合に行なう必要のある対策方法のことです。
この対策は医療のように治療目的ではなく、これ以上の状態の悪化や生命の危機を回避する事を目的としています。
行なう措置は緊急措置のみに限定されていて、無資格での医療行為を認める性質のものではないです。
このような対策を行なう必要がある理由は、発作を起こす状態になると意識を失ったり身体的な機能が著しく低下することがあるため、発作を起こしている本人だけの力だけでは対策が困難な場合が多いからです。
その為、周りにいる人達がどれだけ迅速に正確な対応を取るかが、発作の被害を最小限に抑えられるかの分かれ目になります。
発作の原因は様々なことが考えられるため一概にこれが原因とは言えませんが、主な理由としては病気等による身体的な要因と精神的な要因や、アレルギーや薬物等の外的な要因が原因になることが多いです。
必要な対策も原因や状態により異なりますが、どのような場合でも状態の確認と救命措置が必要です。
状態の確認は発作を起こしている人がどのような状態になっているかを確認することで、状況の認識や救命措置や救急車の要請が必要なのかなどの判断をするために行ないます。
救命措置はこれ以上の状態の悪化を避ける為に行なわれる措置で、人工呼吸や心臓マッサージなどの緊急的な措置が行なわれます。
対策を行う場合は、常に周りの人達と協力して落ち着いて行動する事や、迅速で正確な行動をする事がとても大切です。
発作を起こす可能性がある人と同じ場所で生活する場合や介護などを行なう必要がある場合は、事前にどのような病気や身体上の問題があるかを聞いて把握することも有効な対策になります。